憂鬱の科学

永遠のコロナ禍


 去年1年間を通じてコロナ禍を危惧し続け、年が明けても猶事態の好転を見ることなく今に至った中、長らくの逼塞が与えた憂さを発散させるべく、春の好日に外出を図るのは自分もまた同じなのですが、世界から見て日本政府のコロナ禍に対する施策が失態であると評されているのは間違いない処です。

 それだけ、自分も含めて日本人のコロナ禍に対する警戒心は決して強固なものでないことが言え、また何故日本の政府が海外から批判されるような甘い施策で済ませているかを考えさせられます。

 一つには去年開催が予定され、今年に延期された五輪を何としても開催したいという妄念が災いしているとも考えられますが、それ以上に考えられるのが今年どうしても行わざるを得ない総選挙を慮って、与党が街中の飲食店の営業をどうにか維持させたいという思惑が在るものと思われます。

 しかし、リボース型ウイルスの怖さはより多くの人間に感染を拡げていく過程でどんどん変異株を造出し、人間を死に至らしめる極微の物質が永久に世の中から消えないという性質です。

 海外メディアが指摘している通り、日本の政府の甘い対応が変異株の増大を許し、先進諸国では例外的に変異株の感染を拡大させている点は何ともおぞましい限りです。

 目前に迫った五輪や総選挙のこと許りを考え、不徹底な施策を執り続ける日本はいずれ事態を極度に悪化させるであろうことが予想されます。

 今こそ、政治の指導力が問われている訳で、五輪を止め、ロックダウンすら敢行する強靭な意志力と訴求力を持った政治のリーダーシップが求められているのです。

 二階俊博幹事長と幹事長が戴く菅義偉総理、そして政権に与同する公明党がたとえ五輪や総選挙といった一時のイベントをしのぐことに奏功しようと、いずれ訪れるであろうクリティカルな局面を遠くに望まば、今度の総選挙は有権者らの意欲的な参政権の行使が自らの為に求められているのです。
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/24(土)
  3. | コメント:0

スポンサーサイト



ウブカタか、オボカタか


生方恵一 小保方晴子 コロナ街 <生方恵一
 愈々、変異株が隆盛になり始め、政府は3度目の緊急事態宣言発出を果たすそうれすが、都心の盛り場なんか、この間の緊急事態宣言が解かれる前から、日没後にゃあ、会社帰りのサラリーマンらが店の軒先に並べた卓で同僚らと快活に酒盛りしとりましたわなっ。

 今は亡き生方うぶかた恵一アナウンサーが惹き起こしたミソラ事件は最早中高年層にしか知られない過去の出来事となりましたが、時を経て、オボカタさんの「あります」会見が起きて、今再たコロナ禍での失態が繰り返されとりますわぁ。

 日本の人口が半分まで減らないとダメか知らん・・・
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/23(金)
  3. | コメント:0

鳩山由紀夫考


 鳩山由紀夫さんが登場するビデオを掲載すりゃあ、読者は直ちに著者が左に被れた人間だろうと思うでっしゃろなぁ・・・

 しやけど、鳩山由紀夫元総理が言うてはるように、2014年のロシアによるクリミア併合を因に日本政府がロシアへの制裁を続けていることは少々疑念が湧くことだと言いたいんですわぁ。

 何んでやぁいうて、先進諸国で日本政府だけがウイグル人権問題に因む対中制裁を果たしていないことの説明がつかないからですぅ。

 ロシアにとってはクリミアが、中国にとっては新疆が歴史的に国威を維持する為の地理的前線の格であったならば、ロシアに対しては先進諸国と足並みを揃えた日本政府が中国に対しては臆しているあり様が剰りに醜悪な態度を曝していると痛感するからですわぁ。

 もっとも、日本政府がロシアによるクリミア支配を認めりゃあ、北方領土返還の実現に近づき、剰っさえ日本に返還した北方領土にアメリカの基地が造られると危惧するロシアを納得させるべく、日米安保条約の改訂を考えるべきだとまで上せるところは、鳩山由紀夫がロシアの小便桶であることを曝す憎むべき売国の根性ですわなっ
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/21(水)
  3. | コメント:0