憂鬱の科学

永遠のコロナ禍


 去年1年間を通じてコロナ禍を危惧し続け、年が明けても猶事態の好転を見ることなく今に至った中、長らくの逼塞が与えた憂さを発散させるべく、春の好日に外出を図るのは自分もまた同じなのですが、世界から見て日本政府のコロナ禍に対する施策が失態であると評されているのは間違いない処です。

 それだけ、自分も含めて日本人のコロナ禍に対する警戒心は決して強固なものでないことが言え、また何故日本の政府が海外から批判されるような甘い施策で済ませているかを考えさせられます。

 一つには去年開催が予定され、今年に延期された五輪を何としても開催したいという妄念が災いしているとも考えられますが、それ以上に考えられるのが今年どうしても行わざるを得ない総選挙を慮って、与党が街中の飲食店の営業をどうにか維持させたいという思惑が在るものと思われます。

 しかし、リボース型ウイルスの怖さはより多くの人間に感染を拡げていく過程でどんどん変異株を造出し、人間を死に至らしめる極微の物質が永久に世の中から消えないという性質です。

 海外メディアが指摘している通り、日本の政府の甘い対応が変異株の増大を許し、先進諸国では例外的に変異株の感染を拡大させている点は何ともおぞましい限りです。

 目前に迫った五輪や総選挙のこと許りを考え、不徹底な施策を執り続ける日本はいずれ事態を極度に悪化させるであろうことが予想されます。

 今こそ、政治の指導力が問われている訳で、五輪を止め、ロックダウンすら敢行する強靭な意志力と訴求力を持った政治のリーダーシップが求められているのです。

 二階俊博幹事長と幹事長が戴く菅義偉総理、そして政権に与同する公明党がたとえ五輪や総選挙といった一時のイベントをしのぐことに奏功しようと、いずれ訪れるであろうクリティカルな局面を遠くに望まば、今度の総選挙は有権者らの意欲的な参政権の行使が自らの為に求められているのです。
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/24(土)
  3. | コメント:0

スポンサーサイト



ウブカタか、オボカタか


生方恵一 小保方晴子 コロナ街 <生方恵一
 愈々、変異株が隆盛になり始め、政府は3度目の緊急事態宣言発出を果たすそうれすが、都心の盛り場なんか、この間の緊急事態宣言が解かれる前から、日没後にゃあ、会社帰りのサラリーマンらが店の軒先に並べた卓で同僚らと快活に酒盛りしとりましたわなっ。

 今は亡き生方うぶかた恵一アナウンサーが惹き起こしたミソラ事件は最早中高年層にしか知られない過去の出来事となりましたが、時を経て、オボカタさんの「あります」会見が起きて、今再たコロナ禍での失態が繰り返されとりますわぁ。

 日本の人口が半分まで減らないとダメか知らん・・・
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/23(金)
  3. | コメント:0

鳩山由紀夫考


 鳩山由紀夫さんが登場するビデオを掲載すりゃあ、読者は直ちに著者が左に被れた人間だろうと思うでっしゃろなぁ・・・

 しやけど、鳩山由紀夫元総理が言うてはるように、2014年のロシアによるクリミア併合を因に日本政府がロシアへの制裁を続けていることは少々疑念が湧くことだと言いたいんですわぁ。

 何んでやぁいうて、先進諸国で日本政府だけがウイグル人権問題に因む対中制裁を果たしていないことの説明がつかないからですぅ。

 ロシアにとってはクリミアが、中国にとっては新疆が歴史的に国威を維持する為の地理的前線の格であったならば、ロシアに対しては先進諸国と足並みを揃えた日本政府が中国に対しては臆しているあり様が剰りに醜悪な態度を曝していると痛感するからですわぁ。

 もっとも、日本政府がロシアによるクリミア支配を認めりゃあ、北方領土返還の実現に近づき、剰っさえ日本に返還した北方領土にアメリカの基地が造られると危惧するロシアを納得させるべく、日米安保条約の改訂を考えるべきだとまで上せるところは、鳩山由紀夫がロシアの小便桶であることを曝す憎むべき売国の根性ですわなっ
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/21(水)
  3. | コメント:0

劔崎に遊ぶ


 土曜の晩から降り出した雨が止み、眩い陽光を再び目一杯浴びることができると期待し、昨日曜は朝早く三浦半島から東京湾フェリーで房総へ渡ったものの、生憎の強風で午過ぎにはフェリーが欠航となり、湘南に在る自宅への帰路を東京経由の列車行で余儀なくされた恨みを募らせ、好天を続けた今日は風も熄んだ様子なので、早速ポタリング第二弾を果たしました。

 強風に苛まれた昨日曜、房総南端の館山から望んだ対岸の三浦半島に遊んだのですが、館山の洲崎と向き合って東京湾を扼する劔崎からの展望をスマホで収めました。

 ビデオは東から南へ回って、少しく南西に向いた後、再び東へ戻る態で短く撮っていますが、館山の洲崎から西へ延びる水平線上に微かながら伊豆大島の島影を望んでいます。

 しかし、いつ来ても思うことですが、蔬菜を栽培する農地が台地上に展がる三浦市は明るい光が溢れ、何んとも長閑な光景に心穏やかな気持ちにさせてくれる良い土地柄です。

 暫し都会の憂さとコロナ禍を忘れさせてくれる素晴らしいデイ・トリップを味わわせてくれました。
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/19(月)
  3. | コメント:0

千葉らしき世界


五井駅 青堀駅 館山駅 五井駅
 ハリポタのポタ=ポッターっつう辞は先ず陶工っつう意味が有って、次にぶらぶらするっつう意味が有るそうですわなっ。

 しやから、最近は自転車で気儘に散策することをポタリングゆうてはるそうでっけど、知り合いからチバに値を下げたえぇ物件が在るさき、一緒に視に行かへんかぁ言われましてん。

 んで、物件の周辺を見て回ったり、食事にアルコールを含めたりしたいから、駅前のレンタサイクルを利用して、ぶらり散策の態で出向かないかぁ言いますのやぁ。

 コロナ禍のこともありますけど、春の好天に人口の少なくする地へ赴くんやったら、恰好のレクリエーションになる思いましたさき、勧められた儘に身を委ねましてん。

 しやけど、チバっつう土地はホント鄙びた風情に溢れてますわなっ。

 内房線を下って東京駅から藤沢ほどの距離になる市原市の五井駅辺りは駅からちょっと離れると田園風景を横溢させ、更に内房線を南下し、東京駅から小田原ほどの距離になる富津市の青堀駅辺りなんざぁ完全に僻村っつう印象を与え、ずっと南に下ると東京駅から沼津ほどの距離に該り、街外れの小丘の上に戴いた天守閣を駅のコンコースから望ませる館山ですわぁ。

 今は旅館に改造された故・鳩山一郎首相の別邸址が在る見物けんぶつ辺りの海岸からは青く展がる東京湾の海原の向こうに白霞む箱根山塊が淡い群青色の陰を作り、その後に富士の威容を望見させますのやぁ。

 あまり金をかけずに自転車で気儘にぶらつくポタリングゆうのも、結構な気晴らしにはなりますわなっ
  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/19(月)
  3. | コメント:0