憂鬱の科学

保守の魂


 労働組合の組織票に頼る野党は社会主義政党であって、労働者の利害を反映して活動する政党を決して政権に就けてはならない。

 労働者の権利を護る為の組合結社は固より近代社会に当然なければならない組織だが、わが国の自治労や日教組は労働者の権利を護る為の活動を逸脱し、明らかに社会主義の信条を抱いた非法な政治活動を果たしている。

 細川政権や鳩山・菅政権が敢えなく潰れた真因はそこに在り、罷り間違っても労働者の利害を反映させる政党を国政に関わらせてはならない。

 然るに、自由主義を護るべきわが国の保守政界は独占禁止法に抵触するが如き凶悪な社会主義性を振るっている。

 なぜならば経団連からの献金を受け取る窓口を一本化すべく国民政治協会なる非法な団体を設けているからで、これが日本の国政を長らく害してきた。

 国民政治協会は非法な組織であって、これを非合法化する立法とともに、経団連などというとんでもない社会主義団体を非合法化する立法が求められる。

 中選挙区時代の自民党単独政権がそうした非法な社会主義の有毒性に冒されなかったのは派閥間の競い合いが在ったからだ。

 実質的な政権交代が保守大合同で生まれた単一の政党の内で行われた。

 然るに、今日、小選挙区比例代表並立制の下で、党本部の独裁権力が発揮され、保守政党が自由競争体制を破壊するに至った。

 安倍長期政権で既に半数の有権者らが投票をすら放棄するに至り、わが国は安倍清和会によるナチス・ソビエト的独裁性を堅固にしたことは、原発官僚・今井尚哉や警察官僚・北村滋らによる自由主義社会の破壊をもたらし、経団連などという非法な社会主義団体にとって絶好の動作環境を創出してしまった。

 わが立法府は早急に国民政治協会を非合法化し、経団連を廃絶させる正義の立法を図り、自由競争体制を育むべく保守政界において健全な競い合いを促さなければならず、同時に労働組合に依存するとんでもない社会主義政党を国会から駆逐しなければならない。

スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/07/03(金)
  3. | コメント:0

自民党分割論 | ホーム | 原発官僚、今井尚哉殿に捧ぐ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する