憂鬱の科学

GoToヘル 開幕


 新宿・池袋を多くし、殊ホスト・クラブでの感染を多くすると云うコロナ禍を国や自治体がどのような手続きで把握し、報道に情報を開示しているのか知らない・・・

 しかし、新宿・池袋が「夜の街」の横綱だとしたら、日本中夜の街が見られ、分けてもホスト・クラブでの感染許りが目立つとするのはホストは日本で限られた人口で、しかもホストをしている人間が自発的に感染検査を被っている実情から、逆にホステス業に勤しむ人間は自発的には感染検査を被らないであろう実情もまた考慮しなければならない。

 銀座のクラブに勤しむ若い未婚の女性であれば、ホステス専業で十分な収入が得られても、全国に夥しいホステス就業者は多く他の仕事を兼業している筈だ。

 都下のコールセンターで働く人間に感染者が発見されたとの報道をしばしば耳にしたが、コールセンターで働く人間の殆んどは非正規労働者であり、その中にはホステス業を兼業している人間が在ると聞かされる。

 そうした人間は午の仕事を失いたくないから、少々の自覚症状を得ても感染検査の機会から遠ざかりたい動機を強くする。

 従って、ただでさえ日々多くの感染者数が報道される都下などでは実際には潜在的感染者が相当な規模で存在する筈だ。

 めでたく、本日より国はGoToトラベルのキャンペーンを強行するが、諸国に対してコロナ禍では優良な公衆衛生を発揮しているとされるわが国でも実はアメリカと似たような規模の感染拡大が在って、そこにキャンペーンを強行することでかなりの被害が増えることと思われる。

スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/07/22(水)
  3. | コメント:0

児玉先生に教わる | ホーム | 即自・対自・止揚

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://eukolos.fc2.net/tb.php/141-b4a40736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)