憂鬱の科学

やっぱり安倍は解散に固執してる?


 コロナ禍再燃に豪雨災害が重なり、野党が憲法を持ち出して国会召集を迫る一方、自民党は10月下旬まで臨時国会の召集を果たさない積りとする報道を見ますわなっ。

 っつうのは、コロナ禍が幾らか収まらにゃあ、安倍も解散するのを躊躇せざるを得ぬから、できるだけ臨時国会の召集期日を遅らせたいものと憶測し、そうであるなら、安倍は臨時国会冒頭での解散を今猶考えていると見当をつけて良いのじゃないでしょうか・・・

 いかで無能な総理たれ、レイムダックの状態で侘しく退陣するのは安倍でなくたって嫌ですよねぇ。

 であるから、何んとかして今年中の解散を遂げたいところなれど、二重の災厄が安倍の決断を阻んでるんでしょうねぇ。
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/08/04(火)
  3. | コメント:0

日米交代の秋 | ホーム | JR東日本フーズを弾劾する!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する