憂鬱の科学

刑事ものサスペンスの白眉


 ハイっ、皆さん、こんばんわ。今晩お送りする映画は終戦間もない1949年に制作された刑事ものサスペンスの嚆矢たる名作ですぅ。

 この作品以後に現れた日米の刑事ものサスペンスのエッセンスを既に凝集し尽くした名作で、時代劇の傑作『用心棒』のシナリオを書いた黒沢と菊島隆三の名コンビが放った金字塔の一つですわぁ。

 んで、この黒沢の名作にインスピレーションを得たかのような印象を持つ松本清張原作の映像化もまた名匠・野村芳太郎の代表作となりましたが、両作品を見比べると時代を越えた文学的芳香を放つ名作であることを認識させますわなっ。
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/08/07(金)
  3. | コメント:0

ドキュメンタリー:コロナに斃れた志村けん | ホーム | 政治は主義主張で成り立たない

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する