憂鬱の科学

米ヴァイオレンス映画の名匠作品を堪能する


 ハイっ、皆さん、こんばんわ。連日続く日中の猛暑に加え、未曽有のコロナ禍が重なり、悶々たる気分に苛まれる日々ですぅ。

 今晩お送りする映画はクリント・イーストウッドを主演に配した『ダーティー・ハリー』で識られる米ヴァイオレンス映画の名匠が成した傑作ですぅ。

 凡俗の演出家が為す駄作と異にして、黒沢の『用心棒』のような緊密なプロットの構成を保証する精緻な演出と絵の撮り方・繋ぎ方を学ばせてくれるお手本ですわぁ。
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/08/12(水)
  3. | コメント:0

米ヴァイオレンス映画の正統派作品 | ホーム | お盆洋画劇場

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する