憂鬱の科学

鬼才フリードキン


 ハイっ、皆さん、こんばんわ。今晩お送りする映画はアメリカン・ニュー・シネマの金字塔的作品ですぅ。

 勝新太郎が激賞した本作はアメリカン・ニュー・シネマの名作として必ずや5本の指に入る作品ですが、この作品を以て鬼才フリードキンの名は広く識られるようになりましたわなっ。

 んで、フリードキンがこよなく愛した仏映画でも屈指の名画に挑戦してリメイクした作品は公開されるや散々な評判でしたが、彼らしい奇抜な演出と相俟って決してコピーなどで済まない1個の独立した完成品に仕上がっていたことを褒める人は少ないように思えますわぁ・・・
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/08/14(金)
  3. | コメント:0

俳優が作った名画 | ホーム | 米ヴァイオレンス映画の正統派作品

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する