憂鬱の科学

youは有産階級派? or プロレタリア前衛派?


麻生太郎邸 武富士創業者邸 不破哲三邸 麻生太郎邸
 政権も愈々末期症状を呈してきた内閣の長よりは、やっぱり今の自民党でイッチャン金持ってはるんは麻生太郎先生やから、麻生先生が今後どないしやはるかが日本の国政の行く末に最も重要やぁ思うのれすが、山東昭子の子分らを吸収合併し、安倍の出身母体たる清和会に次ぎ、党内第二派閥に伸し上がった麻生先生んとこは最早先が見えちょる安倍の後継に担ぐやろ岸田文雄のケツ持ちを持ちかける代償として岸田んとこの宏池会をも吸収合併しよったら、愈々党内最大派閥のドンに成り上がるさき、麻生先生も渋谷区松濤に構える豪邸と当に釣り合った地位を堅めますわなっ。

 因みに、スライドの最初の画像が松濤に在る麻生先生の豪邸でっけど、次のは共産党の議員が散々追及しまくった武富士創業者の杉並区内に在る邸で、んで以て3番手に来よるんが相模原市緑区内に在ります日本共産党前議長・不破哲三はんの豪邸ですわぁ。

 本名を上田健二郎としよる不破哲三はんの豪邸は門前から邸に辿り着くまで車に揺られ結構な時間が要るそうれ、1,000坪近く有る不破邸にはお抱え運転手兼ボディーガードの他、賄い婦や料理人も居るそうですわなっ・・・

 プロレタリア前衛言うて、何んぼ庶民らに平等を説く御仁でも、権力の頂点に就いた人間が豪勢な生活を満喫できる体制じゃあ、麻生先生みてぇな有産階級が国政を領導しようが、プロレタリア前衛が領導しようが、どっちの途も下々の者らにゃあ、辛い環境であり続けるのは変わりないですわなっ
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/08/17(月)
  3. | コメント:0

日本の民草にこそ世界が在る | ホーム | 歴史は小競り合いから始まる

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する