憂鬱の科学

おちんちんの滓的次期総理の言うこと


 労働組合の組織票で議席を確保する野党新党代表がカバ面の枝野幸男と決まったなんつうことは日本共産党委員長の顔と等しく閩越びんえつ人種のおぞましい顔で明らかな通り、日本を中国共産党か朝鮮労働党が独裁支配する国と同じ国にできるか議論する類であって、公正な競争を装いながら全く茶番な今般の自民党総裁選はゼネコン政治家・二階俊博が自らの権力の維持を冥途の土産にすべく図った選択肢として、菅義偉が既に次期総裁総理に就くことが決まっている。

 そんなおちんちんの滓的次期総理がほざきやがる辞にて自民党や公明党の頭字に併せ共産党の頭字を掲げている点に注目し、助・助・助とおちんちんの滓的次期総理が羅列する辞の真ん中に来た助の頭字は日本共産党の共でなくして、わが国政界で親中派の雄として識られるゼネコン政治家・二階俊博が敬愛する中国共産党の共だ。

 んだから、二階俊博がモットーとするのは自公連立に加え、中国共産党との連立も併せ考えたもので、おちんちんの滓的次期総理がほざきやがる標語は二階俊博を後見人とすることの表れで、おちんちんの滓的次期総理が更に付け加える"絆"が本人独自の標語となる。

 小泉進次郎君が自分の選挙区の隣の横浜市内を選挙区とした大先輩やから尊敬しとりますとお世辞を吐いとるけど、進次郎君の選挙区・横須賀市内に曾て在った市立高校普通課程の校舎は同課程自体が同じ市立の商業課程・工業課程と統合され移転した為、普通課程の校舎跡地は「リアンシティー」なる呼称で宅地分譲されましてん。

 リアンとは何んやろと思ったら、絆を意味するフランス語だそうれ、この絆ゆう辞の意味は進次郎君の親父の小泉純一郎元総理が初めて衆議院総選挙を戦って落選した後お世話になった地元県議の竹内清が稲川会々長を務めた横須賀一家総長・石井進の子分だったことから推測されますのやぁ。

 進次郎君の親父が総理に就いた後からでっしゃろぉ、巷に掲げる自民党のポスターに絆ゆう辞が踊るようになったんわぁ・・・

 おちんちんの滓次期総理が曾て鞄を持っとった故・小此木彦三郎衆議の株式会社小此木の建物が京急線の高架から大岡川に沿って黄金町駅と日ノ出町駅の間に見下ろせますが、その建物の裏手に稲川会杉浦一家の事務所が在るそうれ、故・小此木衆議の倅・八郎現衆議は国家公安委員長にまで就いてますわなっ。

 しやから、公安調査庁が監視対象のお題目を挙げとった神奈川県の生協と静岡県の生協、んで以て山梨県の生協は合体して一つになりましてん、稲川会の縄張りとぴったり重なりますわなっ。

 往年、世間を騒がせた京浜安保共闘のリーダー・川島豪は毛沢東に心酔しとって、稲川角二を後見しとった児玉誉士夫はCIAの犬やったから、昔ぁ、警察も過激派の活動家連中をヤクザを使って一旦半殺しにしてからパクっとりましたが、今や官邸官僚の中でも警察出身の連中、神奈川県警本部長を務めた杉田和博やマスコミが官邸のアイヒマンと呼ぶ北村滋らは二階俊博先生の驥尾に付しとりますから、往年水と油の関係に在ったヤー公と過激派も今じゃ一緒になって、中国共産党の息がかかっとりますのやぁ。

 おちんちんの滓的次期総理の誕生で愈々日本は中国共産党のションベン桶に成り下がりますのやぁ・・・
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/09/12(土)
  3. | コメント:0

東大文系不要論 | ホーム | 運転免許証にY染色体ハプロ型明記を!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する