憂鬱の科学

菅々しい秋


 厳しかった猛暑も漸く一段落就いた感の有る時候、長かった時間だけが記憶される安倍政権から新たな政権へのシフトを見て、差し詰め新内閣・新総理に期待されるのが携帯電話料金引き下げの内容だろう。

 総務相を経験した新総理が政界でもわが国における携帯電話料金の高さを批判してきた最も代表的な政治家であるだけに、庶民の多くが期待しているのは間違いなくその方面の施策だ。

 歴代の総理の中でも極めて庶民性を強くする新総理がピースミールな容の政策であれ、マクロ経済を強く刺激する政策を打ち出すことは、理想を高くし系統的な政策を唱えるよりも、現実の世の中に好影響を与える可能性を予感させる。
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/09/19(土)
  3. | コメント:0

(菅,加藤)ベクトル | ホーム | 加藤勝信が官房長官に就いたことの意味

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する