憂鬱の科学

Go To パーティー


菅パーティー収入不記載 二階派パーティー 麻生派パーティー 菅パーティー収入不記載
 政治資金規正法は1回毎に20万円を超えるパーティー券購入者の名前や住所・金額を収支報告書に記載しなければならないとしとるそうれすが、コロナ・イヤーとなった今年の前年、即ち2019年中に菅現内閣と安倍政権の閣僚経験者を合せて94名が得た寄付とパーティー収入において、7割近くがパーティー収入となり、因って7割ほどが規制法に拠る名前の記載が無いそうですわなっ。

 94名の19年におけるパーティー収入合計30億円余にて購入者の名前が記載されているのは僅かに凡そ8%だったそうれ、二階幹事長の選挙区たる和歌山3区に敷かれた那智勝浦新宮道路を世が二階バイパスと呼ぶ如く、外部からチェックできないパーティー収入が自民党お歴々の近年におけるシノギの主流となってますのやぁ。

 安倍はんの桜を見る会の問題だぁ、小渕内閣以往ずっと連立を組んじゃってる公明党はんが昔学会員による組織ぐるみの替え玉投票事件を曝したみてぇに、巧くやってはるんでしょうねぇ(^∇^)。

 去年の政治資金パーティーにて、子分の数からすりゃあ岸田派とどっこいどっこいの二階派は2億5千万円近くの売上高を示し、次いで党内第二派閥となる麻生派が凡そ2億3千万円、3番手に落ちるのが岸田派の1億8千万円余っつうことれ、お二階先生の実力のほどが知れる訳でありまして、去年の春にホテル・ニューオータニでぶった二階派のパーティーには不動産・建設・海運の業界企業は固より、道路工事で道端に立ってる人らの警備業界やら二階先生ご自身が帝国ホテルで派手に宴会をぶったジャパンライフの山口隆祥を憶い起こさせる美容健康製品の業界、パチンコ屋・・実に多士済々だったんれすわなっ。

 無論、二階派の子分だった元自民党・秋元司衆議のIR汚職に連んどった廉で引っ張られた淡路明人被告の2社もちゃ~んと160万円も買っとりますさき、他では日本歯科医師連盟はんも150万円出しとりますわぁ。

 しやけど、年頭からコロナ・イヤーとなった今年は自民党お歴々の先生方がシノギのメインとしてはったパーティーがやたらぶてへんようになりましてん、コロナ禍終熄の目途も不透明な中、さぞかし新たなシノギの手口が模索されとることれしょうなぁ・・・
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/12/01(火)
  3. | コメント:0

パーティーと資金と飲み食いと | ホーム | 迫る!日本国の滅亡

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する