憂鬱の科学

黄昏の日本


 フランスのサルコジ元大統領が大統領経験者として大戦後初めて実刑判決を受けたとの報に接し、近年見られたフランスと中共との親密ぶりを思いましたわぁ・・・

 武漢ウイルス研究所のP4実験室はサルコジ元大統領の時代にフランス政府の協力の下建設されたと聞きましたが、今般、WHOが武漢研究所を査察したこともアメリカが脱退したWHOの要路には中国共産党に買収されている人物を少なくしないとする指摘から、全くの茶番に過ぎなく思うのです。



 鄧小平時代の改革開放から僅かな時間で世界の工場に伸し上がった中国を支配する組織が金に飽かせてヨーロッパ諸国を隷従させ始めているとの説と相俟って、媚中派議員のドン・二階俊博幹事長が祭り上げた総理の政権が世紀の祭典を成功させるか否かを問わず、わが国は愈々中国共産党の小便桶に堕する日が間近くなったと悲嘆する今日この頃です・・・
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/03/02(火)
  3. | コメント:0

Thai 海兵隊を褒める | ホーム | 【2021年総選挙】自民党の議席は?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する