憂鬱の科学

not 再々延長 but 規制強化を


 緊急事態宣言の解除期限を目前に季節は俄かに春めき出し、神奈川県知事が言及した通り、世の人らは最早我慢できないといった雰囲気が沸々と醸し出されている。

 そして、何よりも飲食店や宿泊業の関係者らにとって、1日でも早く宣言解除を待ち焦がれているであろうことはよく理解できる。

 然りながら、次第に増えつつある変異株の感染者数からしても、今、規制を解くことは更なる災厄を拡げる不安を大きくし、来客数の減少に悲鳴を挙げている業界への救済問題と感染拡大を抑止すべき問題は各々別の課題であると思う。

 飲食店や宿泊業関係者らを救済する課題とは別次元で感染拡大抑止の課題を考えねばならず、緊急事態宣言の再々延長どころか、寧ろ規制を強化すべき段階に昇ったものかと思われる。

 何れにせよ、世論の趨勢が当局の意向を左右する問題ではあろう。
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/03/16(火)
  3. | コメント:0

二度目の祭典は没落の象徴か | ホーム | 寂れゆく安房

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する