憂鬱の科学

永遠のコロナ禍


 去年1年間を通じてコロナ禍を危惧し続け、年が明けても猶事態の好転を見ることなく今に至った中、長らくの逼塞が与えた憂さを発散させるべく、春の好日に外出を図るのは自分もまた同じなのですが、世界から見て日本政府のコロナ禍に対する施策が失態であると評されているのは間違いない処です。

 それだけ、自分も含めて日本人のコロナ禍に対する警戒心は決して強固なものでないことが言え、また何故日本の政府が海外から批判されるような甘い施策で済ませているかを考えさせられます。

 一つには去年開催が予定され、今年に延期された五輪を何としても開催したいという妄念が災いしているとも考えられますが、それ以上に考えられるのが今年どうしても行わざるを得ない総選挙を慮って、与党が街中の飲食店の営業をどうにか維持させたいという思惑が在るものと思われます。

 しかし、リボース型ウイルスの怖さはより多くの人間に感染を拡げていく過程でどんどん変異株を造出し、人間を死に至らしめる極微の物質が永久に世の中から消えないという性質です。

 海外メディアが指摘している通り、日本の政府の甘い対応が変異株の増大を許し、先進諸国では例外的に変異株の感染を拡大させている点は何ともおぞましい限りです。

 目前に迫った五輪や総選挙のこと許りを考え、不徹底な施策を執り続ける日本はいずれ事態を極度に悪化させるであろうことが予想されます。

 今こそ、政治の指導力が問われている訳で、五輪を止め、ロックダウンすら敢行する強靭な意志力と訴求力を持った政治のリーダーシップが求められているのです。

 二階俊博幹事長と幹事長が戴く菅義偉総理、そして政権に与同する公明党がたとえ五輪や総選挙といった一時のイベントをしのぐことに奏功しようと、いずれ訪れるであろうクリティカルな局面を遠くに望まば、今度の総選挙は有権者らの意欲的な参政権の行使が自らの為に求められているのです。
スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2021/04/24(土)
  3. | コメント:0

| ホーム | ウブカタか、オボカタか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する