憂鬱の科学

国を食い物にする経産官僚


 出ましたねぇ・・経産省中小企業庁が持続化給付金の事務手続を発注した社団法人が769億円を受け取り、実際の仕事は社団法人が更に外部へ発注した先となる電通だったってなことで、社団法人は20億円を手許に残したっつうことですわなっ。

 2016年に設立された社団法人の定款を作成したのは経産省内の情報システム厚生課なる部署だそうで、安倍の奥さんが勤めてた五輪の大旦那・電通と竹中平蔵のパソナなどが中心になって設立されたそうじゃないっすかぁ。

 これまで社団法人へは経産省から1576億円支払われたそうで、原発の大旦那として官邸を牛耳る経産官僚・今井尚哉はホント国を食い物にする国賊ですわなっ。

 んだから、安倍が森友だぁ加計だぁ桜を見るだぁ疑惑を膨らませても、全然平気な訳ですわぁ・・・

 これで、最近テレビへの露出度を多くするようになった通産出身の西村康稔がポスト安倍に決まったら、愈々日本は大手企業ともども経産官僚らにしゃぶり尽くされますわなっ。

スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/06/03(水)
  3. | コメント:0

清和会の資金源 | ホーム | 安倍内閣の危機管理能力

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する