憂鬱の科学

清和会の資金源


経産省から電通へ
 昨年8月末、清和会に属する上野宏史衆議が人材派遣会社ネオキャリアへの口利き疑惑から厚労政務官を辞任したように、清和会代議士が人材派遣業界と深い繋がりを持つことが以前から言われている。

 斯くして、今度も官邸のラスプーチンこと今井尚哉首相秘書官&補佐官の母体たる経産省から金が出た先は安倍のオッカアが勤めてた電通を介して、竹中平蔵のパソナやトランスコスモスといった非正規雇用労働者を大量に抱える企業であることから、こうした人材派遣会社的な非正規雇用労働者を多く使用する企業から安倍の母体たる清和会にバックリベートが流れてるのだろうと推察される。

 国の金を不当に横領する経産官僚とそれに群がる鬼畜どもがピンハネした金が清和会の原資となっている。

スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/06/04(木)
  3. | コメント:0

三島由紀夫を回顧する | ホーム | 国を食い物にする経産官僚

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する