憂鬱の科学

半島を統一するのは習近平か


 朴槿恵大統領の弾劾・罷免に因る2017年5月の大統領選挙で当選した文在寅は韓国政界にて親米・親日派と対峙する左派政治家として識られ、親中的な考えの持ち主と評されている。

 対する北朝鮮の金正恩委員長は文在寅を当選させた大統領選の前日に40発ものミサイル発射を遂げ、恰も南を威嚇する如き態度を顕わにしたが、最近メディアへの露出度を大きくし始めた金正恩の実妹・与正は重大な疾患を不安視されている兄に替わって北鮮の次期指導者に収まるのではないかとの憶測を呼んでいる。

 しかし、左派政治家として大統領に選出された文在寅が北鮮からの避難民を親とすることから、3年前の韓国大統領選で左派政治家を当選させた背景には暗に中国共産党の支援が在ったのではないか。

 中国共産党にとって朝鮮半島が韓国によって統一されることは甚だ困ったことだ。

 その韓国に北鮮からの避難民を親に持つ左派政治家の大統領が誕生した。

 そうした韓国大統領によって健康が不安視される金正恩との対話が図られたならば、中国共産党を利することとなろう。

 もっとも、金体制は近日俄かに南へ対する態度を硬化させている。

 それとて、金正恩が生存していればこそであって、北朝鮮の要路は暗に中国共産党との連絡を計り、正恩の実妹を擁立する容で、中国の支援を恃みつつ、左派大統領を戴く南との合併を中国共産党を媒酌人として考えているのではなかろうか。

 半島を統一するのは実に中国共産党ではなかろうか?

スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/06/20(土)
  3. | コメント:0

独社会民主党と清和会の格差 | ホーム | 拙速だった都の決定

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する