憂鬱の科学

山本太郎も良いし、桜井誠も良い


 18日告示された都知事選に立候補した山本太郎と桜井誠・・在日外国人の参政権を認めたい山本太郎と在日外国人の特権を非難する桜井誠、対照的な意見を吐く二人が立候補したことは日本の選挙の民主主義的活力を揮った好ましい姿を象徴している。

 選挙は常々こうであって欲しいもので、それを国政与党は現職知事に対抗する候補の擁立を党都連に促すこともなく見過ごす態度こそ呆れた政党だと非難したい。

 勝てない選挙に金を出さない利口さが宜しいのかね、安倍さん!?

スポンサーサイト



  1.  メッセージ・フォーム             
  2. 2020/06/22(月)
  3. | コメント:0

経産省・経団連・連合が日本の3大病巣だ | ホーム | ラーメンはエコノミーでなきゃアカン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する